フラワー

伐採作業はプロに任せて安心|作業の効率化

森の健康を守る大事な作業

石

優良な木材を生むのが目的

林業といえば山がちな国土を持つわが国では古来より重要な産業の1つでしたが、近年では外国産木材の輸入量の増加等によってその規模は年々縮小傾向にあります。そうした事情のせいもあってか、一般の人にとって林業はあまりなじみのないものとなっており、中には「木を製材するだけの簡単な仕事」というイメージを持っている人もいます。しかしこれは言うまでもなく誤りで、木材資源を有効に活用するためにはまず森林を育成することから始めなければいけません。林業にとって最も気を付けるべき点は、「木を健全に育てること」です。そしてそのためには、優良な木を育てるためにあえてその他の木を伐り倒すこともあります。これを一般に間伐と呼んでいます。

計算と経験が必要な仕事

間伐とは簡単に言えば森林の間引きのことで、木の密度を調整することをいいます。間伐をせずにいると、森林内の木が込み合ってしまって1本当たりの木にもたらされる日光や土壌内の養分の量が少なくなってしまいます。その結果、商品価値の低い発育不全の木ばかりになってしまったり、最悪の場合は森林全体が枯死してしまうリスクも発生します。間伐はこうした事態を避けるために木の本数を減らすことで、残った木を丈夫に育て、森林全体を保護します。間伐では単位面積当たりにおける最適な本数を計算し、一定の法則にしたがって伐採を進めていきます。この適量を見極めるには緻密な計算が必要とされます。そのため間伐作業には豊富な経験を持つプロの存在が欠かせません。

Copyright© 2016 伐採作業はプロに任せて安心|作業の効率化 All Rights Reserved.