フラワー

伐採作業はプロに任せて安心|作業の効率化

芝生の手入れで美しい庭を

樹木

芝生の手入れの種類

芝生の生えそろった庭は整った形と美しい緑から、非常に良い印象を与えることができます。芝生の手入れにはそれほど難しいものはありませんが、コツコツと丁寧に作業を続ける必要があります。手を抜くと、雑草がのびたり、芝生が禿げたりしてしまいます。 芝生の手入れは基本的に、芝生の長さを刈り揃える芝刈り、芝生にたっぷりと水を与える水やり、雑草などの除草、それから芝生に栄養を与えるための施肥の4つの項目があります。この4つをしっかりと行うことで、美しく整った芝生の庭を維持することができます。手入れの方法や頻度は、季節、気温、天候などによって変わってきます。高温の日や乾燥した日が続くと、芝生が枯れてしまいますし、逆に湿度が高すぎると病気が発生しやすくなります。芝生の病気や害虫の発生時期なども理解しておくと、美しい芝生の庭の維持・管理に役立ちます。また、これらの手入れが難しい場合は、ガーデニングの専門業者に依頼するのも良いでしょう。専門的な知識を活かして、短時間で美しい庭に仕上げてくれるだけでなく、庭の状態や条件などを相談すれば、効果的な手入れの仕方などを教えてくれます。

芝生を刈る頻度

芝刈りの頻度は芝生の種類や時期によって異なりますが、一般的な高麗芝について記述します。芝生は春4月ごろから成長が始まり、11月頃まで緑色を維持します。芝生が成長を始めたら、こまめに芝刈りを行います。芝刈りを多頻度で行うことで、芝生が密になり、美しい庭を作ることができます。特に芝生が良く成長する5月〜9月にかけては、週1回程度の芝刈りを行うと良いでしょう。まだ成長が鈍い4月や、気温が下がり始めた10月頃は芝刈りのペースを落とし、芝生の成長に合わせて芝刈りを行います。 芝刈りができずに長く成長してしまった場合は、一度に刈り込むと成長する軸ごと刈り取ってしまうので注意が必要です。芝を刈る長さは変えず、頻度を上げて徐々に芝生の高さを下げていきます。

Copyright© 2016 伐採作業はプロに任せて安心|作業の効率化 All Rights Reserved.